スケッチ教室続く。

更新日:2021年6月10日

富山市堀川のスケッチ教室が続いています。

記憶力抜群、芸術好きなおじさんのスケッチ画。情報通で、新しいお店、頑張ってる会社、これからの社会、気付いたことがあれば何でも教えてくれるおじさん。友達も多そう。いつも何枚も風景画を描いてる。
わたしも大好きな作家 安野光雅先生の本を貸したり買ったりして教室のおじさんと共有して、安野先生の凄いところを話したりしてたら、だんだん絵が質感、空気感が良くなって、素晴らしくなってる。
この絵は冬の雪が積もった富山市八尾町の石垣の風景。奥行きも高さしっかりしてて、八尾町の奥深さと温かさもあって、素晴らしい。おじさんの細かく描く良さを引き出しています。
安野先生のおかげ。素晴らしい作家の絵を眺めていると、その絵の中に入り込めて、行ってきたかのよう。
この絵も、見てると空気や温度を感じます。
素晴らしい先生方の絵を眺めてると上達しますね。

大好きな作家さん、小説でも、絵でも、音楽でも、何でも近くにおいて憧れ、近づこう。模写し続けよう。

私も新しい風が吹いてくるかな。

「青春」納品

更新日:2021年5月25日

「青春」
原作 サミュエル・ウルマン
訳  岡田 義夫

青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯儒を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる。

富山市桜木町 鮨一番様へ納品致しました。
いろんなご縁で注文をいただきました。書いた作品を何枚か持っていき、店内の壁に合う大きさなど、マスターさんに見てもらいます。この壁の広さならば、これくらいの大きさが良いですね、とか言いながら、決めます。そこから、額をいくつか持ち寄り店に合う表具の相談をします。結構お店へ通いました。額の好き嫌いなどあって、了承いただきましたら、裏打ち、表具をします。書の紙の白が店内に合うので白さを生かせるようにしました。爽やかな作品になったと思います。
お店のお休みの日にマスターさんと2人で取り付けました。上だとか、もう少し右だとか、ワイワイ言いながら取り付けました。
このお店の店主さんは楽しくて一から百まで冗談で返します。よく頭が回るもんだわ。青春真っ只中みたいに目がキラキラしていました。感染対策は大変そうでしたが。

喜んでいただき、少しはお役にたてたかと私も一安心です。

ちょっとした縁から繋がり、目に留めていただいて、また新しいお客さんと出会えて、ありがたいものです。
いい人 合う人の中の2割の中で生きてる私。ちょっとしたことで周りが少し広がる気分になりました。もっといろんな面白い人と出会いたいと思いました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

スケッチ教室続く。

更新日:2021年5月17日


4月 スケッチ教室富山のみんなで氷見市へ行って来ました。
みんなといっても少ない人数の会です。今風です。
桜舞い散る晴天麗しく芽吹く色優しい風が海のかおりを運んでいました。最高の日よりでした。
楽しかった。みんな楽しいともう顔が緩んでいました。みんなといっても少人数です。
ランチのマスク会食も日頃の規制から抜け出し美味しいパスタをいただきまして、なんとも日常ってこんなことでテンション上がるんだ、と幸せを感じました。
海を見渡せる高台の公園へ絵を描きに行き、各々、気に入った陣地で風景を描きました。
結構真剣に描いていましたねー。なんとも笑える日でした。
私は公園から見た氷見市街地からの海からの空を描きました。
すぐにペンを入れて、テキトーなんですが、こんな感じです。
テレビに出れば、才能ナシ と言われるとおもいますが、申し訳ありませんが、こんな感じです。

またどこかへ行って描きたい、と日頃話しています。それには、近くに美味しいところがあるという条件つきです。必須科目です。

どこいこー。

02マガジンの表紙を描きました。

更新日:2021年4月23日


北日本新聞のフリーマガジンゼロニイ5月号の表紙を描きました。
カレーな世界の表紙です。突然ご連絡がありました。
02マガジンの担当の方が、いろいろ検索されていたそうで、なんと私に電話がありましたー。
私は、ネガティブな思考回路で、このHPも誰も見てないと思ってましたが、ここを見てる人がいることに驚きましたー。友人2人くらいは見てる話は聞いてましたが。見てる人がいると思うと急にスマホで投稿できるようにしたり、インスタのアイコンをつけてもらったりと、近頃結構頑張っています。
若くもなく、人ともそんなに繋がってなく、自己アピールも弱く、新時代に合うのか、合わないのかわかりませんが、たまに楽しんでいます。この調子でいきますー。


というわけで、玉ねぎをチャツネ色まで、長時間炒めました。それはそれは美味しいカレーでした。これは次の朝のカレーです。これを描きました。


最初に描いたカレーの絵。どちらでも良かったけど、提出したのは黄色味が強い絵にしました。これもこれで、器が良いですね。

富山の風景を描いた。

更新日:2021年3月30日

チャレンジで、富山の絵を描いてみて、と言うギャラリーを経営していらっしゃる方からの依頼で、富山の風景を描いた。昨年の暮れに話があり、描いた絵。風景と言っても周りは雪だらけ。緑もないし、ピンとくる保存データもなく、数年前に撮ってあった富山大橋から市内を走る車の列を描いた。早朝早春の澄み切った空気で生まれ変わったような富山の風景。油絵具で描いて、と言うお題だったが、持ってなく、アクリル絵具で描きました。生地はキャンパス。
どーなのかわかりませんが、青色を使いたく青色の深みを出したかったのですが、大して変化はなかったようですね。青のグラデーションはなかなか単純ではないです。山が難しかったですね。結局はいろんな色を使いたくなる性分。使いたくなる色はピンク。ということがわかった。

これはどうなるかわかりませんが、そのギャラリーが何かのツールに使われるようですね。よくわかりませんが。

まー、なんとなく、新しいことなんで面白かったですね。

よくわかりませんが。